禁煙外来について
禁煙治療とは?
「禁煙治療」に医療保険が適応されることになりました。(一定の要件を満たすことが必要です)
禁煙治療とは、内服薬ないしは貼薬を使用し、禁断症状を軽減しながら8〜12週間かけて禁煙を達成していく方法です。費用は方法によって違いますが、8〜12週間の合計で12000円〜18000円程度(タバコを1日1箱吸う人なら約2ヶ月分のタバコ代)です。
どんな治療なの?
喫煙習慣にはニコチン依存が強く関与しているため、無理なく禁煙するために禁煙補助薬が用いられます。禁煙補助薬にはニコチンパッチまたは経口禁煙補助薬(内服薬)があります。これらの薬は禁煙後の離脱症状をおさえ、禁煙を助けてくれます。経口禁煙補助薬はニコチンを含まない飲み薬で、喫煙による満足感もおさえます。ニコチンパッチを使うと2人に1人、経口禁煙補助薬を使うと3人に2人の禁煙の成功率となります。
タバコと関係している病気
■がん 肺がん・口腔/咽頭がん・喉頭がん・食道がん・胃がん・すい臓がん・肝臓がん・膀胱がん など
■循環器の病気 心臓の病気(冠動脈疾患)・脳卒中・末梢動脈疾患・腹部大動脈瘤 など
■呼吸器の病気 慢性閉塞性肺疾患(COPD)・肺炎 など
■生殖 低出生体重・妊娠合併症・不妊・乳幼児突然死症候群(SIDS) など
■その他 糖尿病・メタボリックシンドローム・歯周病・骨粗しょう症 など
禁煙するとこんなにメリットが!
・食べものをおいしく感じるようになった
・息切れせずに階段を上れるようになった
・髪や服に臭いがつかなくなった
・家族や友人が喜んでくれた
・火の始末を心配しないですむようになった
・貯金ができた
1日1箱吸っている人なら (※1箱300円で計算)
【3カ月】2万7,000円 ⇒ のんびり温泉1泊
【半年】5万4,000円 ⇒ スーツを新調
【1年】約11万円 ⇒ 大型家電を買い替え
【5年】約55万円 ⇒ 行きたかった国へ
【10年】百万円台に!
禁煙治療の方法について!
飲む ニコチンを含まない飲み薬
ニコチンを含まない飲み薬です。1日2回、食後に飲みます。飲み始めてから8日目に禁煙を開始します。通常、12週間服薬を継続します。医師の処方が必要です。
【 長所 】
・飲むだけなので簡便。
・肌の弱い人でも使用できる。
貼る ニコチンパッチ
ニコチンパッチは、ニコチンを含んだ皮膚に貼る薬です。1日1回、上腕やお腹、背中などに貼ります。標準的な使用期間は8週間です。皮膚のかぶれを防<ため、毎日貼る場所を変えるとよいでしょう。薬局・薬店で購入するタイプと、医師に処方してもらうタイプがあります。
【 長所 】
・人に気づかれない。
かむ ニコチンガム
ニコチンガムは、ニコチンを含んだガムで、ロの粘膜からニコチンが吸収されます。
1回の使用量は必ず1個とし,禁煙し始めは吸いたくなったときに我慢せずにかみ、次第に減らします。かみ方は普通のガムと異なりますので十分に理解してから使用しましょう。
【 長所 】
・タバコが吸いたくなったときにいつでも使用できる。
・ニコチン補充と同時に□寂しさも紛らせる。
「禁煙」は本人にしかわからない苦労がたくさんあります。忍耐や我慢でどうにかなるものではなかなかありません。当院では患者様と話し合いをしていきながら、体質やライフスタイルに合わせて色々な治療法をご提案していき、一緒に禁煙を達成していきます。
公的医療保険が適応されることになった今だからこそ、是非当院にご相談ください。
お問い合わせ 082-928-1112
 
トップページごあいさつクリニック紹介診療内容検査について このページをご覧になるには、FLASH PLAYERが必要です。
表示されない場合はマクロメディアウェブサイトからダウンロードしてください。
Copyright(c)2007 Kodoi Clinic co.,ltd All Rights Reserved.