プラセンタ外来について
プラセンタ療法とは?
ヒトの胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキスの有効成分を、注射、内服などにより治療に用いる療法の総称を“プラセンタ療法”といいます。新陳代謝を促進、自律神経やホルモンのバランス調整、免疫・抵抗力を高める等、様々な薬理作用をもっています。プラセンタは高純度な栄養素が集中し、タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、様々な酵素、様々な細胞増殖因子やサイトカインなどによって構成されています。当院で使用するプラセンタは、人間の胎盤から抽出した厚生労働省認可の安全性の高い医薬品用です(内服はブタ由来です)。
プラセンタ療法の効能は?
使用する人によって作用・効能が異なりますが、下記について、なんらかの効能があるといわれています。
●体質改善作用
●疲労回復作用
●基礎代謝亢進作用
●血行促進
●免疫賦活作用
●抗炎症作用
●自立神経調整作用
●滋養強壮
●創傷回復促進作用
  ●抗アレルギー作用
●活性酸素除去作用
●強肝・解毒作用
●食欲増進作用
●細胞の増殖再生
●コラーゲンの生成
●アミノ酸補給
●抗酸化作用
  ●美白・保湿
●血行促進
●肌荒れ
●腰痛・肩こり
●更年期障害
●乳汁分泌不全
●アトピー性皮膚炎
●生理病・生理不順
●自律神経失調症 …など
アンチエイジング
アンチエイジング=老化防止、若返りを意味する言葉ですが、老化が原因でおこる病気が近年増え続けています。
外見はもとより内面からもいつまでも若々しく健康な体づくり…
プラセンタは、アンチエイジングとしてもその一役を担っています。
一般に年を重ねるにしたがって、全身の機能が低下していきます。これは一つの器官の機能が低下している状態とは異なるため、単一の効果を期待して研究開発された薬剤によっては治療することができません。
プラセンタは多数の生理活性物質が自然のままの状態で混和しているため、全身の器官の機能低下を補う力を持っています。
また、老化の大きな特徴は、全身の細胞数の減少です。様々な細胞増殖因子を合成・分泌して胎児を育むプラセンタは、新しい細胞を作って老化した身体を細胞レベルで若返らせます。
プラセンタについてのQ&A
Q どんな方法でするのですか?
A 注射剤を週に1〜2回筋肉内へ注射する方法と内服による方法があります。どちらにおいても継続して行うことが大切です。効果が出てくるのに1〜3ヶ月は必要です。
Q 費用はどれくらいかかりますか?
A 保険適用外の療法になりますので、当院では注射1回1Aだと1500円、2Aだと2000円で行っています。内服の場合1ヶ月分が15750円です。肝炎がある方は保険がききます。
お問い合わせ 082-928-1112
 
トップページごあいさつクリニック紹介診療内容検査について このページをご覧になるには、FLASH PLAYERが必要です。
表示されない場合はマクロメディアウェブサイトからダウンロードしてください。
Copyright(c)2007 Kodoi Clinic co.,ltd All Rights Reserved.